忍者ブログ

海に千年、山に千年すんだ蛇(じゃ)は竜(りゅう)になるという言い伝えから…
11 2018/12 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 01

12.15.12:25

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/15/12:25

01.22.12:08

心筋梗塞や脳卒中を未然に防ぐには…

こんなメルマガが届きました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
冬場は心筋梗塞や脳卒中などの直接死に繋がる病気が多発する季節です。

心筋梗塞などで亡くなる人数は、交通事故で亡くなる人数よりも多いそうです。
 

特に冬。

冬は家の中は危険がいっぱいなんです。 なぜかというと寒暖の温度差です。

暖かい居間からトイレやお風呂に行く際にの温度差、

また、湯船に使ったときの体温の変化で

血圧が急激な変化を起こし、心臓に負担をかけるそうです。 

ヨーロッパなどの家は家全体の暖房というのが一般的ですが、

日本ではトイレや風呂場は普通、暖房はいれませんね。

暖かい居間から寒いところに移動するときは、
上着を羽織るなどして寒さ対策をしましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

確かに、寒い冬場の入浴には気をつけなければいけませんね。

でも、お風呂場やトイレに暖房を設置していない家庭が殆どなので、
ゆるめの対策としか言いようがありません。

心筋梗塞や脳卒中の予防も含めて、
夏冬問わず健康管理で大切なことは水分の補給だと考えています。


人が体は、夏冬に関係なく一日約1500~2500mlの水分の補給が欠かせません。

冬場は、水分の補給量が減ってしまうので心筋梗塞や
脳卒中など病気をひき起こす確率が上がります。


変な暖房対策よりも水分の補給が大切ではないでしょうか。





PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら